KMFDM / Angst

Angst

Angst

 

 ドイツ出身のインダストリアルバンドの6thアルバム(1993年)。

 

 これまでのEBM路線に大々的にメタルギターを取り入れ転換期を迎えた、サウンド面での節目となる一作。CDを再生するといきなり響き渡る「Light」の、ジャーマンメタルを思わせるマッチョなギターリフで掴みはOK。続く「A Drug Against War」は、超高速リズムトラックにスラッシーなリフが響き渡り、バンド名をオーディエンスと掛け合う様をシミュレートしたパートを取り入れるなど、彼ららしいユニークな仕掛けに溢れており、この頃の彼らを代表する一曲に。 と、初っ端のインパクトはこれまでで最高レベルだけど、全体的には前作「Money」の延長線上という感じで、テンポが遅めの曲も多く、次回作であり超進化を遂げた「Nihil」に比べると地味で平坦な印象を受けなくもない。でも熱いメタリックなギターソロが色んなところから聴こえてきたりする上に、ソウルフルなフレーバーやビート感もそれなりに満喫出来ます。