Die Krupps / I

Die Krupps

Die Krupps

 

 ドイツ出身の大御所インダストリアルンドの4thアルバム(1992年)。

 

 初期のベストアルバムやトリビュートアルバムを挟み、実に久々のリリースとなった再始動の作品。バンドの方向転換か、時流に合わせた変化か。この作品を境にいよいよインダストリアルスラッシュメタルに徐々に接近し出します。とはいえ今作に見られるサウンド自体は、DAFのニオイを感じさせるちょっと重めのEBM風。しかしその長い活動歴や幅広い音楽性からか楽曲自体はやはり洗練されており、シンセの載せ方やサンプリングの腕前もしっかりしていてテンポも迫力もあり聴きやすく、メタルギターの適度な存在も含めてなかなかバランスが良いです。Metallicaの名曲「One」のカバーなんかもあって、メタル寄り嗜好の人にも受け入れられやすい間口の広さもあるんじゃないかと。そして何と言っても超高速攻撃ナンバーであるラスト曲「Rings Of Steel」の存在を忘れてはなりません。激速!必聴!それぞれ好みがあるかもだけど、Die Kruppsのアルバムにハズレなし。

 

www.youtube.com

広告を非表示にする