Spineshank / The Height Of Callousness

Height of Callousness

Height of Callousness

 

US出身のインダストリアルメタルバンドの2ndアルバム。

 

 前作は何だったの?っていうくらいに超進化を遂げています。圧倒的にテンションが向上、ハイスピードで繰り広げられるデジタルビートの応酬に次ぐ応酬。自身が影響を受けたというFear Factoryとは全く質感が違い、メタルというよりはサンプリング/プログラミングを駆使した近未来型ラウドロックで、過激に疾走していくハードコアな曲と、いかにもモダンなメロディアス楽曲のたたみ掛けによりグイグイと引き込まれてしまいます。やや大味ながらメロディセンスも良く非常にキャッチー。この手の音が割拠した時代の産物ですが、その決定版と言ってもいい出来ですね。シングル化されたメロディアス系の特攻隊長「Synthetic」、バッキバキのハードドラムンな「Cyanide 2000」は特にイイです。90年代インダストリアルメタルを代表する決定盤。このサイバーな感触に抵抗がなければ、ラウドロック/ミクスチャーが好きなリスナーにもお勧め。