読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BUCK-TICK / 狂った太陽

狂った太陽

狂った太陽

 

  5人組大御所ロックバンドの5thアルバム。

 

 本作にて、彼らの本質とも言うべきサウンドが一気に開花。平坦だったサウンドプロダクションにバリエーションと厚みが加わり、進化したソングライティングによって生み出された一皮も二皮も剥けた個性的な楽曲たちを形成。櫻井敦司のボーカルもあらゆる点で成長し、今までにないヒリヒリとした緊張感や生々しいリアリティを歌唱/歌詞ともに昇華。まさにバンド全体のセンセーショナルな進化を示した大傑作です。その洗練されたアイデアフルなサウンドは現在においても魅力的に映り、BUCK-TICKの後の作品群と比べても遜色がありません。むしろストレートなポップさとアヴァンギャルドのバランスの唯一無二さから、今も熱烈なファンが最高傑作に挙げる程。1枚のアルバムで"初期の代表曲の宝庫"と言ってもいいくらい詰め込まれた濃密なラインナップは、当然のように捨て曲が見当たらないんですね。これは贅沢だ。彼らの長い歴史の中で一つの革命を起こした記念碑的作品であり、その衝撃はヴィジュアル系の枠に止まることなくJ-ROCK史に刻まれたことでしょう。

 

www.youtube.com