Marilyn Manson / Mechanical Animals

Mechanical Animals (Clean Cover)

Mechanical Animals (Clean Cover)

 

 US出身のMarilyn Mansonを中心としたインダストリアルロックバンドの3rdアルバム。 

 

 大成功を収めた前作を含め、ここまでタッグを組んできたプロデューサーであるNine Inch NailsのTrent Reznorの下を離れ新体制で臨んだ作品。そのせいなのか、持ち味の狂気じみたネガティブなオーラは薄れ、ノイジーな質感も軽減。激しさに比重を置いた曲もなくなり、よりクッキリと浮かび上がった輪郭のサウンドで、ポップにまとまった曲やメランコリックに歌い上げる曲、ダンサブルでノリノリの曲などが繰り広げられます。重さや陰鬱さのベクトルがこれまでとは違うというか。インパクトが絶大だった前作からすると、まるで憑き物が落ちたような変わりようで賛否両論あったようだけど、Marilyn Mansonの歌唱力含め全体的な質は向上していると言えるし、光る楽曲もチラホラ。これはこれで新たな方向性の提示として悪くないし、全体のボリュームが彼らの作品にしてはいくらかコンパクト気味なのも個人的にありがたい。彼らに何を求めるかで評価を大きく分けそうではあるけど、悪くないアルバムだと思います。