Gravity Kills / Perversion

Perversion

Perversion

 

 US出身のインダストリアルロックバンドの2ndアルバム。

 

 相変わらずの4つ打ちテクノビートに乗せられる、激しすぎないヘヴィネス、マニアックになり過ぎないサンプリング、聴きやすいメロディ…という良バランスの定石。前作よりもギターが重さよりサイバー感を重視したようで、スマートなスタイルに磨きがかかっているようにも思えるし、楽曲のクオリティも同様にソツががない。これはこれで悪くない、むしろカッコいいけど…もっと面白みがないというか、早くも退屈さを感じてしまうのも否めず。前作の「Enough」のようなハッとさせられるキラートラックが見当たらないのが要因かな。これならラストの「Belief (To Rust)」のようなバラードみたいにもう少し冒険した曲があっても良かったなぁ、なんて。 まぁそんな風に言いながらもこの手のバンドでは決して悪くない作品で、前作同様手堅さが決め手の佳作といったところ。