Stabbing Westward / Wither Blister Burn & Peel

Wither Blister Burn & Peel

Wither Blister Burn & Peel

 

 US出身のオルタナティブロック/インダストリアルロックバンドの2ndアルバム。

 

 メンバーチェンジを経てのリリース。その影響かはわからないけど、どことなくギターの音色が荒々しくなって、アグレッシブなバンド感を更に伸ばしています。しかし打ち込み要素の方も後退せず、楽曲の世界に対して味付けをするように手法を広げて強調されています。特にシネマティックに楽曲が展開する「What Do I Have To Do?」には効果的に作用していて胸を打たれました。彼らの武器である哀愁満点のメロディラインも研ぎ澄まされ、マニアックな雰囲気がやや排除されながらも、薄暗い闇をイメージさせるような持ち味は失われていません。全体を通しても、または1曲単位の中でも感じられる「静と動の落差」をより強調したことで生み出されるカタルシスな曲展開などは、プログレライクと言うにはやや大袈裟だけど、表現力の向上という成長を感じさせるに充分。 ちなみに本作でゴールドディスクを獲得したようです。