読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Devin Townsend / Infinity

D
Infinity Infinity
(2003/06/17)
Devin Townsend

商品詳細を見る

 ソロワーク、プロデュース、ゲストプレイヤー、更には自身が中心となるStrapping Young Ladなどマルチに活躍するメタル界の鬼才の、ソロ名義での1stアルバム。Ocean Machineの延長上にある、シンセなども取り入れた重厚で煌びやかなメタルサウンドが広がります。彼の以降のソロやSYLの作品の中でも、後にも先にもこれが一番ニュートラルな魅力に溢れ、聴きやすさという面でも上位かと。しかしこの分厚くてキラキラした音が押し寄せてくる様は、人によってはうるさく感じる場合もあるかも。

 収録中では#2「Christeen」がめちゃくちゃキャッチーかつストレートな名曲だし、ジャズチックな#3「Bad Devil」、ユーモアに溢れたバカテクギターで聴かせる#6「Ants」も聴き所。 でも中盤や後半の流れは、定番のプログレッシブな大曲を意識した流れが続き、終盤の超轟音シンセのインスト#9「Unity」に向かってゆっくり盛り上げていく展開がキモか。これが気分によっては「うぉぉぉおお!すげえ!」とハマれます。ただし、そうでない時は退屈さが先立つので、途中で停止ボタンに手が…。

広告を非表示にする