Slipknot / Iowa

Iowa

Iowa

 

 US出身のニューメタルバンドの2ndアルバム。

 

 彼らの出身地アイオワ州の名前を冠した作品。余りにも強烈で痛快なデビューだったのでどうなることかと思いきや、それを超える作品をきっちり送り込んでくれました。前作を遥かに上回ったリズムの重量感を携え、全体的にも更にエクストリームでヘヴィになって帰って来たという恐ろしさ。ラップやニュートラルなボーカリゼーションが減り、とことんまで突き進む獰猛さを内包しながら、やはり楽曲自体のポピュラリティーは損なわれていないのが本当に凄い。世界各地はもちろん、日本でもチャートの上位にこんな音楽を食い込ませるのは彼らしかいないでしょう。トップを飾る「People = Shit」の攻撃力、「My Plague」のキャッチーなメロディ、「Left Behind」の切れ味、どこをとっても最強。そして後半だれていく弱点も、楽曲の配置が的確で前作ほど感じることもないかなといった感じ。前作のトライバル色やユニークなアプローチを排除しつつも、それを補って余りある一点集中の猛烈なアグレッションがキャッチーに響きながら聴く者を圧倒し駆け抜けていく。これぞモダンヘヴィネスのマスターピース!思い入れもあるし、個人的に大好きなアルバム。