Strapping Young Lad / Heavy As A Really Heavy Thing

Heavy As a Really Heavy Thing

Heavy As a Really Heavy Thing

 

 カナダ出身のメタル界の鬼才、マルチミュージシャン/プロデューサーDevin Townsendが率いるエクストリームメタルバンドの1stアルバム。

 

 バンドとしてだけではなく、Devin Townsendが放つ作品としても1作目だとか。記念すべき第一歩、そして邦題が「超怒級怒濤重低爆音」。素敵すぎます。若くして色々な音楽に精通し、数々のプロジェクトに参加してきたDevin Townsendの才能と実力は確かで、クオリティはお墨付きのようなもの。 そして、とんでもない響きの邦題に負けない重厚で強烈な音と咆哮のようなボーカル。「音の壁」という言葉が個人的にしっくり来ます。本当に強烈。そしてところどころで壮大な展開を見せる曲は実に美しく、絶妙なサンプリングと無機質なビートが繰り返されるインダストリアルな曲もカッコいいです。特に「Cod Metal King」は、ボディ風打ち込みリズムと狂ったようにループする重圧フレーズがいい感じにトリップ出来そうで大好きな曲。まだまだ荒削りな部分も多いかも知れないけど、それもまた魅力的に映ります。インダストリアルメタル好きなら要チェック。