Nine Inch Nails / Broken

Broken

Broken

 

 US出身のTrent Reznorによるインダストリアルバンドのミニアルバム。

 

 以降のインダストリアルロックシーンに大きな影響を与えたNine Inch Nails(以下:NIN)の中でも、所謂「インダストリアルロック」のストレートさが最も如実に出た一枚。前作のエレポップ具合を考えると、同じ人物とは思えないくらいにめちゃくちゃハードになってます。 何でも所属レコード会社とのトラブルがあったらしく、その辺の怒りが集約されてこうなったとか。ノイジーなギター、ヤケクソ風味のボーカル、無機質なマシンビートが織り成す攻撃性と狂気が駆け巡りつつ、フレーズそのものがキャッチーで非常に聴きやすいのがポイント。ここらがTrent Reznorの非凡な才能の賜物なんでしょうか。グラミー賞を受賞した「Wish」は特にハードでポップ。NINの作品という視点でみると実のところ異色作ではあるんだけど、NINやインダストリアルロックというジャンルの入門用に最適な間口の広さ。X JAPANのhideも恐らくリスペクトしている筈(「HIDE YOUR FACEのジャケットは本作を意識していそう)。なお、CDをずーっとかけてると98、99曲目に隠しトラックがあるので、実質全8曲となっております。聴き逃さないようにしたいです。